医療法人(読み)いりょうほうじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

医療法人
いりょうほうじん

医療法 (昭和 23年法律 205号) によって設立された法人。病院または診療所, 介護老人保健施設を開設する社団または財団である。診療所は,医師または,歯科医師常時勤務するもの。医療法人は,病院または診療所に必要な施設または資金を有し,都道府県知事の認可を受け,設立登記をすることによって成立する。その業務に妨げがないかぎり医療関係者の養成,研究所の設置,保健衛生に関する業務などを加えることができる。剰余金の配当はできない。都道府県知事の監督に服す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いりょうほうじん【医療法人】

医療法に基づく法人。病院、医師か歯科医師が常時勤務する診療所または介護老人保健施設を開設しようとする社団・財団が対象となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いりょう‐ほうじん イレウハフジン【医療法人】

〘名〙 医療法に規定する法人の一つ。病院または三人以上の医師、歯科医師が勤務する診療所を開設しようとする社団、財団は法人になることができる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

医療法人の関連情報