コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法定外目的税 ホウテイガイモクテキゼイ

デジタル大辞泉の解説

ほうていがい‐もくてきぜい〔ハフテイグワイ‐〕【法定外目的税】

国の法律「地方税法」に定められた税目以外に、地方自治体が特定の目的に使用するために条例で設定する税。総務大臣の同意を必要とする。法定外税の一つ。産廃税など。→法定外普通税
[補説]平成12年(2000)施行の地方分権一括法により可能になった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

法定外目的税【ほうていがいもくてきぜい】

地方自治体が,特定の目的や事業の経費とするため,地方税法で定められていない税目を条例で定め賦課した税(地方税法第4条6項,第5条7項)。2000年の地方分権一括法の施行で地方税法が改正されたことにより創設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

法定外目的税の関連キーワード法定外新税地方環境税森林環境税核燃料税地方財政独自課税入域料

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android