コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法定外目的税 ホウテイガイモクテキゼイ

2件 の用語解説(法定外目的税の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうていがい‐もくてきぜい〔ハフテイグワイ‐〕【法定外目的税】

国の法律「地方税法」に定められた税目以外に、地方自治体が特定の目的に使用するために条例で設定する税。総務大臣の同意を必要とする。法定外税の一つ。産廃税など。→法定外普通税
[補説]平成12年(2000)施行の地方分権一括法により可能になった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

法定外目的税【ほうていがいもくてきぜい】

地方自治体が,特定の目的や事業の経費とするため,地方税法で定められていない税目を条例で定め賦課した税(地方税法第4条6項,第5条7項)。2000年の地方分権一括法の施行で地方税法が改正されたことにより創設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法定外目的税の関連情報