法界屋(読み)ホウカイヤ

デジタル大辞泉の解説

ほうかい‐や〔ホフカイ‐〕【法界屋】

巷間(こうかん)芸能の一。編み笠に白袴(しろばかま)の書生が、月琴を伴奏に法界節を歌って歩くもの。明治の中ごろ、全国で行われた。
1の流れを引く巷間芸能。印半纏(しるしばんてん)に腹掛け・ももひきという服装で、琴・三味線・胡弓・尺八・太鼓などを合奏しながら盛り場や花街を流し、唄を歌うもの。明治末期に大阪を中心に流行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうかいや【法界屋】

街頭芸の一。法界節を歌いながら門付かどづけをして歩く者。明治後期に大阪を中心に流行し、全国に広まった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android