所詮(読み)ショセン

デジタル大辞泉の解説

しょ‐せん【所詮】

[名]
最後に落ち着くところ。
「せっかく鳥に生まれて来ても、…なんの―もないことじゃぞ」〈賢治・二十六夜〉
仏語。経文などによって表される内容。能詮(のうせん)に対していう。
[副]
最後に行き着くところを述べるときに用いる。どうこう言っても結局は。つまるところ。多く、否定的な意味の語句を伴って用いる。「所詮かなわぬ夢」「生意気を言っても、所詮は子供だ」
(命令・意志を表す語句を伴って)こうなったうえは。それでは。
「―こなたの念仏をば留め候ふべし」〈謡・隅田川

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょせん【所詮】

( 副 )
あれこれ努力してみたが、結局のところ。あれこれ考えたりした結論として。結局。 「 -高嶺たかねの花だ」 「 -負けは負けだ」
( 名 )
〘仏〙 言葉や文章・教えなどで表される意義・内容。 ⇔ 能詮
最後に行きつくところ。 「なむあみだぶつばかり-たるべしと思ひさだめて/一遍上人語録」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐せん【所詮】

[1] 〘名〙
① 仏語。言語、文字などで表わされるもの。能詮に対していう。〔法華義疏(7C前)〕
② 結果として落ち着くところ。
※七箇条起請文(1204)「右至立破道者学生之所詮也。非愚人之境界
[2] 〘副〙
ずるところ。つまるところ。要するに。結局。また、こうなったからには。
※保元(1220頃か)中「所詮誰々も懸けさせ給へ」
仮名草子・竹斎(1621‐23)上「その身貧にして病者さらに近付かず。しょせん諸国をめぐり、いづくにも心の留まらん所に住まばや」
② (多く下に打消の語を伴って) どのようにしても。どうせ。到底。
※ロザリオの経(一六二二年版)(1622)四「Xosẽ(ショセン) ミギ ヂョウヂョウノ サシアイ アリテ、Processiõ ニ イデワウ コト カナワザル ヒトワ」
※沓手鳥孤城落月(1897)〈坪内逍遙〉二幕「所詮(ショセン)助からぬ母上の御命」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

所詮の関連情報