コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法道(読み)ほうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法道 ほうどう

伝説上の仙人。
天竺(てんじく)(インド)に生まれ,紫雲にのって唐(とう)(中国)・百済(くだら)(朝鮮)をへて日本に渡来播磨(はりま)(兵庫県)の法華山にすみ,法華経読誦(どくじゅ)し密教灌頂(かんじょう)を修した。十一面観音信仰をつたえ,孝徳天皇の病気をなおしたという。飛鉢(ひばち)の法で供物をあつめ,空鉢仙人ともよばれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法道の関連情報