コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波多野検校 はたのけんぎょう

3件 の用語解説(波多野検校の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

波多野検校 はたのけんぎょう

?-1651 江戸時代前期の平曲家(平家琵琶(びわ)家)。
京都の人。波多野流をたて,前田検校の前田流ときそった。のち江戸にいき,徳川家光以後将軍家から厚遇され初代江戸宗匠となった。正保(しょうほ)3年(1646)職検校にのぼった。慶安4年死去。名は孝(考)一。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

波多野検校

没年:慶安4?(1651)
生年:生年不詳
江戸前期の平家琵琶(平曲)奏者。名は孝一。考一とも。目が不自由であった。一方流師堂派の山中久一の門人で,同門の高山誕一の門人で前田流の祖前田九一に対抗して波多野流を立てた。その語りには八坂流をも摂取している。正保・慶安(1644~52)のころ,当道座を統括する総検校についた。

(山下宏明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はたのけんぎょう【波多野検校】

?‐1651(慶安4)
平曲家。波多野流流祖。名は孝(考)一。江戸時代初期平曲界の主流であった一方流(いちかたりゆう)師道派の山中久一の門下で,師の詞章改訂を受け継ぎ波多野流を立て,前田検校前田流と対立した。一説には八坂流も学んだと伝えられ,詞章改訂には八坂流もとり入れた可能性がある。京都の人であったが江戸に出て徳川家光以下,将軍家の厚遇を得た。これが江戸平曲の最初であり,江戸宗匠とも呼ばれたが,のち流儀は京都を中心に伝承された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

波多野検校の関連キーワード荻野検校波多野流平曲前田流波多野河瀬検校岸並検校岸部検校波多野金吾波多野孝一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone