コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八坂流 やさかりゅう

3件 の用語解説(八坂流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八坂流
やさかりゅう

平曲の流派名。生仏 (しょうぶつ) によって創始された平曲は,坂東如一らによる一方流 (いちかたりゅう) と八坂城玄らによる八坂流の2派に分れた。一方流に属するものが,その名に都名 (いちな) といって「一 (または都) 」の字を含むのに対して,八坂流に属するものは「城」の字を含み,城方流ともいった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やさか‐りゅう〔‐リウ〕【八坂流】

平曲の流派の一。鎌倉時代末、京都八坂に住んだ琵琶法師八坂検校城玄(城元)が創始。当時、一方(いちかた)流と勢力を二分した。この派に属する者は、名に城の字を用いたので、城方(じょうかた)ともいう。八坂方。→一方流

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やさかりゅう【八坂流】

平曲の流派名。八坂方ともいい,流祖は城玄(じようげん)。この派の琵琶法師はみな〈城〉を名の頭につける。13世紀半ばすぎ,筑紫出身の如一が平曲の改変を試みたとき,頭に〈城〉の字のつく名を〈一〉(〈都〉)の字に改め,新しく一方(いちかた)流を立てた。このとき城玄は従来の平曲を語り伝え,名の〈城〉の字も守った。この一派を城玄の住んだ京都の八坂にちなんで〈八坂流〉,また芸名にちなんで〈城方(じようかた)〉とも呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の八坂流の言及

【平曲】より

…そこに行長と生仏という人材があらわれて,《平家物語》という一大唱導芸術がつくり出されたということは考えられる。 13世紀も後半になると,京都八坂の城玄(じようげん),筑紫出身の如一(じよいち)という名人が出,それぞれ八坂流(やさかりゆう),一方流(いちかたりゆう)を立てた。以後,八坂流はあまりふるわず,平曲は一方流を中心に伝承されていく。…

【平家物語】より

…後者の非当道系諸本は,さらに,記事の多い広本系と少ない略本系とに分かれる。当道座では,南北朝期に琵琶法師の巨匠覚一(かくいち)が登場するに及んで一方(いちかた)流と八坂(やさか)流(城方(じようかた)流とも)の分派が生じ,それぞれ異なる本文を持つに至った。一方流の本文は,巻十二の後に,高倉天皇の中宮建礼門院(平清盛の娘)の生涯を六道の体験に擬して語る,物語の総集編ともいうべき〈六道の沙汰〉を中心にすえ,この女院が安徳天皇をはじめ,滅んだ平家一門の亡魂を弔うという〈灌頂(かんぢよう)巻〉を別巻として立てる。…

※「八坂流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八坂流の関連キーワード一方流波多野流前田流織部流妙聞派流祖師堂派八坂方城玄八坂検校

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone