コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波来浜遺跡 ならはまいせき

世界大百科事典 第2版の解説

ならはまいせき【波来浜遺跡】

島根県江津市後地に所在する弥生時代の埋葬遺跡。日本海岸沿いの砂丘上に位置し,1971‐72年江津市教育委員会の調査で丘麓と丘頂の2ヵ所から各種の石囲い墳墓が検出された。砂丘麓には北側に砂止めと墓域を画するための長さ約15mの貼石列があり,一部しか調査されていないが,方形に石を貼りつけた墳墓5,無蓋箱式棺1が整然と並んでいる。このうち中心となる貼石墓の1基は,小規模ながら4m×5m,高さ約90cmの低い方形の墳丘をもち,被葬者は3人でおのおの土器1個を副葬する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android