コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津村重舎 つむら じゅうしゃ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津村重舎 つむら-じゅうしゃ

1871-1941 明治-昭和時代前期の実業家。
明治4年7月5日生まれ。26年津村順天堂(現ツムラ)を創立,婦人漢方薬中将湯を発売。のち東亜公司(コンス),第一製薬などを設立して社長をつとめた。貴族院議員となるが,二・二六事件の際の反軍演説で辞任した。昭和16年4月28日死去。71歳。大和(奈良県)出身。高等商業(現一橋大)中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

津村重舎の関連キーワード実業家明治

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android