コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活性錯体 かっせいさくたいactivated complex

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

活性錯体
かっせいさくたい
activated complex

化学反応が起るためには,その反応系は生成系にいたるまでの間で,原系よりポテンシャルエネルギーの高い,活性化に必要なエネルギーをもった,いわば遷移状態を通らなければならない。この状態にある不安定な分子間結合物 (分子錯体) を活性錯体という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かっせいさくたい【活性錯体】

化学反応の際に、活性化状態となって存在すると考えられる不安定な一種の複合分子。活性錯合体、活性複合体ともいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の活性錯体の言及

【有機化学反応】より

…E,F,Gが高い反応性のためごく短寿命で,その結果単離はできないがその存在を証明しうる場合,これらは遷移状態transition statesと呼ばれる。遷移状態にある系を活性錯体activated complexという。反応の進行は,横軸に反応の進行,縦軸に反応系のエネルギーをプロットしたエネルギープロフィル図energy profile diagramで模式的に示される。…

※「活性錯体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

活性錯体の関連キーワードアイリングの式(反応速度の式)絶対反応速度論活性錯合体活性化状態化学反応ラセミ化一種

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android