コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活性錯合体 かっせいさくごうたい

3件 の用語解説(活性錯合体の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

活性錯合体【かっせいさくごうたい】

活性複合体ともいう。化学反応においてもとの系が生成系に移る途中で,反応の活性化エネルギーによって高められた不安定中間状態として仮定される反応分子などの複合体。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かっせいさくごうたい【活性錯合体 activated complex】

化学反応の進行につれて反応系が始状態から終状態に向かって原子配置を変えていく過程で,自由エネルギーの最も高い状態を遷移状態といい,その状態において反応系は活性錯合体をつくるという。遷移状態は反応の進行とともに変化する座標に対しては自由エネルギー極大点に相当するが,それ以外の方向の変位に対しては極小点となる(いわゆる鞍点)。したがって反応経路に沿う変化以外の並進,回転,振動などの運動は安定な分子と同様に規定できるので,寿命は非常に短いが,活性錯合体を一種の複合分子と考えることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

活性錯合体
かっせいさくごうたい
activated complex

化学反応は、反応の原系から出発し活性化状態(活性系、遷移状態)を経て生成系になると考え、この活性化状態で形成される化学種を活性錯合体という。活性錯体ともいう。可逆反応ならば、逆に生成系から原系への反応(逆反応)も進行し、その途中に正反応と同じ活性錯合体が形成される。一方、活性系は原系よりも活性化エネルギー分だけ系のエネルギーが高い。これらのことより活性錯合体は、この反応に関与するいくつかの原子からなり、原子どうしの組み替え(これが化学反応である)が、原系の方向へも、生成系の方向へも可能な活性化された状態にある錯合体ということができる。たとえば、水素とヨウ素とからなる原系からヨウ化水素(生成系)ができる反応では、次のような活性錯合体が考えられている。

この活性錯合体の構造や、その他の性質は、活性化エネルギーや活性化エントロピーなどの大きさから一部推定されるが、反応の遷移状態理論や絶対反応速度論では、これを、この錯合体に関与する原子間の相互作用の量子力学的計算により理論的に考察する。[戸田源治郎・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の活性錯合体の言及

【有機化学反応】より

…E,F,Gが高い反応性のためごく短寿命で,その結果単離はできないがその存在を証明しうる場合,これらは遷移状態transition statesと呼ばれる。遷移状態にある系を活性錯体activated complexという。反応の進行は,横軸に反応の進行,縦軸に反応系のエネルギーをプロットしたエネルギープロフィル図energy profile diagramで模式的に示される。…

【反応速度】より

…このことは,この反応が水素とヨウ素分子が原子状に解離し,それらが結合してヨウ化水素HI分子を形成するといった形で起こるわけではなく,もっとエネルギー的に楽な反応経路を通って進むことを示している。この反応経路で最もエネルギー的に高い状態にある反応系化学種を活性錯合体と呼ぶ。活性錯合体の構造の究明は,1925年に量子力学が確立され,化学結合のエネルギーが理論的に求められるようになって急速に進んだ。…

※「活性錯合体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

活性錯合体の関連キーワード化学平衡可逆反応発熱反応反応速度反応速度論ラジカル反応化学反応式反応熱触媒反応補充の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone