コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流政之 ながれまさゆき

3件 の用語解説(流政之の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

流政之【ながれまさゆき】

彫刻家。長崎県生れ。父は立命館大学の創立者中川小十郎。1943年海軍予備学生となる。その後京都で仏教,神道,作刀等を学んだ。1958年初個展。独学ではじめた石彫の作品がアメリカで評価され,モニュメントも多く手がけている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

流政之 ながれ-まさゆき

1923- 昭和後期-平成時代の彫刻家。
大正12年2月14日生まれ。父は中川小十郎。昭和18年海軍予備学生となり,零戦の搭乗員となる。戦後放浪生活をつづけるが,30年彫刻個展を開催。31年より石彫をはじめ,37年ロックフェラーらの招きで渡米,モニュメントを制作。49年日本芸術大賞,53年中原悌二郎賞,58年吉田五十八賞。長崎県出身。作品に「ながれバチ」「風の砦」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

流政之
ながれまさゆき
(1923― )

彫刻家、作庭家。長崎に生まれる。1943年(昭和18)海軍の士官搭乗員となり、いわゆる零戦(ぜろせん)に搭乗した。第二次世界大戦後、石彫を始め、1958年(昭和33)の個展でロックフェラー3世夫人に認められ、サンフランシスコのバンク・オブ・アメリカ本部広場のモニュメントを制作したのをはじめ、アメリカ各地で活躍し、スタンフリ画廊などで個展を開いた。日本でもIBM日本ビルのための『のぼり太鼓』などを制作、西武美術館で個展を開催、1974年には日本芸術大賞を受賞した。1966年香川県庵治(あじ)村(現高松市)に工房を開設。1974年ニューヨークのワールド・トレード・センター広場に『雲の砦』を設置したが、2001年(平成13)のアメリカ同時多発テロによる被害者救助作業の際、現場に重機を入れるために壊された。ほかに、日本映画アカデミー賞のトロフィー『映画神像』、シリーズ「ナガレバチ」「サキモリ」などを制作している。[三木多聞]
『『Nagare:Recent sculpture』(1988・日動画廊) ▽『Nagare:Recent sculpture 1993・1994』(1994・日動画廊) ▽ナガレスタジオ監修『Nagare:Recent sculpture』(1999・日動画廊)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流政之の関連キーワード江口週川崎普照柴田鋼造瀬戸剛空充秋戸津侃能島征二橋本堅太郎吉田鎮雄吉野毅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

流政之の関連情報