コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

零戦 ぜろせん

5件 の用語解説(零戦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

零戦
ぜろせん

「零式艦上戦闘機 (れいしきかんじょうせんとうき)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

零戦【れいせん】

ゼロ戦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

れいせん【零戦】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

零戦
ぜろせん

日本海軍が第二次世界大戦中に使用した戦闘機。正式には零(れい)式艦上戦闘機(略して零戦(れいせん))というが、一般にはゼロ戦の呼び方で通っている。1号機が初飛行したのは1939年(昭和14)4月1日で、翌1940年夏に中国戦線に出動、1941年12月の太平洋戦争開戦時には海軍の主力戦闘機となっていた。設計を担当したのは三菱(みつびし)重工業の堀越二郎技師で、機体の軽量化を徹底して図り、当時の世界水準を抜く性能を得た。ほぼ同時期につくられたアメリカ海軍の艦上戦闘機グラマンF4Fと比べると、自重が約4割も軽く、速度はさほど勝っていなかったが、上昇力、旋回性で大きく差をつけ、さらに航続力は2倍近くに達していた。総合的にみて、零戦は第二次世界大戦初期における世界の最優秀戦闘機の一つだったと認められている。この緒戦に活躍した零戦21型は940馬力のエンジンをつけ、全幅12.0メートル、全長9.1メートル、自重1.7トン、総重量2.4トン、最大速度518キロメートル/時、航続距離2220キロメートル。しかし、大戦後半にアメリカ側が新鋭戦闘機を送り出してくると苦戦するようになり、最後には特攻機としても使われた。生産数は、複座の練習型やフロートをつけた水上戦闘機型を含めて1万0697機に達したが、これは日本機では史上最多である。[藤田勝啓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の零戦の言及

【ゼロ戦】より

…正式には零式(れいしき)艦上戦闘機といい零戦(れいせん)とも略称される。旧日本海軍が,日中戦争から太平洋戦争全期にわたって使用した艦上戦闘機。…

※「零戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

零戦の関連キーワード飛燕堀越二郎雷電零式艦上戦闘機海兵ゼロ戦肉ジャガ震電五十嵐勇艦上戦闘機

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

零戦の関連情報