浅井寿篤(読み)あさい としあつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「浅井寿篤」の解説

浅井寿篤 あさい-としあつ

1843-1878 明治時代の警察官
天保(てんぽう)14年生まれ。もと因幡(いなば)鳥取藩士の子。明治9年東京警視庁にはいり,西南戦争従軍戦後,免職となる。11年参議大久保利通(としみち)を,島田一良(いちろう)らと東京の紀尾井坂暗殺。自首して同年7月27日処刑された。36歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android