コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅成鉱床 せんせいこうしょうsupergene deposit

岩石学辞典の解説

浅成鉱床

天水の作用で生じた鉱床.酸化帯で,ある鉱物類が安定して残り,一方他の鉱物は溶解して溶液となり,下向きに移動する水で地下水面(groundwater table)以下に移動する.ある種の鉱物,特に硫化物は地下水面以下に堆積して,硫化物の富化作用の地帯ができる.この過程は浅成富化作用(supergene enrichment ; 天水富化作用ともいう)として知られている[Lindgren : 1928, Bateman : 1952, Park & MacDiarmid : 1964].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅成鉱床
せんせいこうしょう

地上から地下に浸透してきた水の作用で生じた鉱床の総称。これに対し、地下深所から上昇してきた熱水溶液によって生じた鉱床を深成鉱床という。ニッケルを若干含む橄欖(かんらん)石からなる橄欖岩が天水の作用で変質した際に、ニッケルが珪(けい)ニッケル鉱として濃集して鉱床を形成することがある。この鉱床などは浅成鉱床の好例である。水が岩石中にしみ込んできて、鉱床が形成されることが必要で、堆積(たいせき)鉱床はこれには含まれない。[飯山敏道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

浅成鉱床の関連キーワード外成鉱床

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android