コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜野政随 はまのしょうずい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜野政随
はまのしょうずい

[生]元禄9(1696)
[没]明和6(1769).10.26. 江戸
江戸時代の彫金家。装剣金工浜野派の祖。通称は太郎兵衛,号は閑径,乙柳軒,半圭子など。奈良利寿 (としなが) の門人で,初作の閑径銘時代は奈良風の小模様の穏やかな作品が多いが,のち大高肉彫で模様も大柄なものに変化し一派を立てた。浜野派は5代まで続き,2代矩随 (のりゆき) らの名工が出た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜野政随 はまの-しょうずい

⇒はまの-まさゆき

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はまのまさゆき【浜野政随】

1696‐1769(元禄9‐明和6)
江戸の装剣金工。通称太郎兵衛。乙柳軒,味墨,閑径,驪風堂,遊壺亭,龝蜂斎,半圭子,子須など多くの号がある。奈良派の名工,利寿(としなが)に師事して業を修め(奈良利寿),浜野派を興し,横谷派,奈良派とともに町彫の一大勢力を形成した。作品は縁頭(ふちがしら)が最も多く,小柄(こづか),目貫(めぬき),鐔(つば)などもみる。初期には師利寿の奈良派の作風を示し,小模様で薄肉の穏健なものであったが,後には図柄が大きく高彫で総体に豪放なものとなって,浜野派独得の作風を樹立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

浜野政随の関連キーワード浜野政随(2代)浜野政随(初代)浜野矩随(初代)堀江興成岩間政盧浜野兼随浜野鋪随

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android