コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜野政随 はまのしょうずい

3件 の用語解説(浜野政随の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜野政随
はまのしょうずい

[生]元禄9(1696)
[没]明和6(1769).10.26. 江戸
江戸時代の彫金家。装剣金工浜野派の祖。通称は太郎兵衛,号は閑径,乙柳軒,半圭子など。奈良利寿 (としなが) の門人で,初作の閑径銘時代は奈良風の小模様の穏やかな作品が多いが,のち大高肉彫で模様も大柄なものに変化し一派を立てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜野政随 はまの-しょうずい

⇒はまの-まさゆき

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はまのまさゆき【浜野政随】

1696‐1769(元禄9‐明和6)
江戸の装剣金工。通称太郎兵衛。乙柳軒,味墨,閑径,驪風堂,遊壺亭,龝蜂斎,半圭子,子須など多くの号がある。奈良派の名工,利寿(としなが)に師事して業を修め(奈良利寿),浜野派を興し,横谷派,奈良派とともに町彫の一大勢力を形成した。作品は縁頭(ふちがしら)が最も多く,小柄(こづか),目貫(めぬき),鐔(つば)などもみる。初期には師利寿の奈良派の作風を示し,小模様で薄肉の穏健なものであったが,後には図柄が大きく高彫で総体に豪放なものとなって,浜野派独得の作風を樹立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浜野政随の関連キーワード加藤直常後藤方乗後藤立乗後藤隆乗高瀬栄寿長兵衛(2)奈良利治浜野政信保井高広若林隔水

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone