コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(き)足 ウキアシ

デジタル大辞泉の解説

うき‐あし【浮(き)足】

つま先だけが地面につき、かかとが上がっている状態。相撲などでもいう。
「砂でざらざらする青畳の上を―で歩きながら」〈秋声足迹
落ち着かないさま。逃げ足・逃げ腰となること。
「一家が総て―になってそわそわして居た」〈花袋・生〉
取引で、相場が変動して定まらず、下落傾向になること。また、相場の状況が乱れていること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

浮(き)足の関連キーワード文天祥かかと一家地面相撲青畳

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android