コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(き)魚 ウキウオ

デジタル大辞泉の解説

うき‐うお〔‐うを〕【浮(き)魚】

海の表層や中層上部にいる魚。イワシ・サバ・アジ・カツオ・イカナゴなど。⇔底魚(そこうお)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

浮魚【うきうお】

水産用語で,底魚に対応する。ニシンマイワシカタクチイワシムロアジ,カツオ,マグロなどのように,海面近くを大群をなして回遊する魚。表層プランクトンを餌(えさ)とする小型魚,およびその魚を餌とするやや大型の魚で,狭い範囲の水域で膨大な量の漁獲があることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

浮(き)魚の関連キーワードサカイオーベックスオッタートロール底引網漁業遠洋漁業刺網漁業ヤムシ漁業

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android