海印三昧(読み)かいいんざんまい(英語表記)sāgara-mudrā-samādhi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏教用語。大海原が静まり水が澄むと,その空中の一切の森羅万象細大漏らさず映し出されることにたとえた精神集中の境地がこの三昧に入ると,その海のように広い智慧の心に一切諸法が一時にありのままに映し出される。『華厳経』はこの境地にある仏によって説かれたので,海印三昧一時炳現の法門という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

仏語。仏が華厳(けごん)を説いたときに入ったという三昧。一切の事物が映し出される、静かに動じない仏の心。海印定(かいいんじょう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏陀が「華厳経(けごんきょう)」を説く時に入ったとされる三昧の境地の名。静かに澄みわたった海面に万象が映るように、悟りを得た仏の心にいっさいが現ずることを示したもの。禅定(ぜんじょう)
※正法眼蔵(1231‐53)海印三昧「諸仏諸祖とあるにかならず海印三昧なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android