コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海印三昧 かいいんざんまいsāgara-mudrā-samādhi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海印三昧
かいいんざんまい
sāgara-mudrā-samādhi

仏教用語。大海原の波が静まり水が澄むと,その面に空中の一切の森羅万象細大漏らさず映し出されることにたとえた精神集中の境地。仏がこの三昧に入ると,その海のように広い智慧の心に一切諸法の相が一時にありのままに映し出される。『華厳経』はこの境地にある仏によって説かれたので,海印三昧一時炳現の法門という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいいん‐ざんまい【海印三昧】

仏語。仏が華厳(けごん)経を説いたときに入ったという三昧。一切の事物が映し出される、静かに動じない仏の心。海印定(かいいんじょう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいいんざんまい【海印三昧】

〘仏〙 釈迦が華厳経を説く時に入った禅定ぜんじよう。静かな海面に四方一切のものが映るように、煩悩や妄想のない仏の心鏡に、万象すべてが映ること。海印定。大海印三昧。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

海印三昧の関連キーワード海印寺海面仏語煩悩釈迦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android