海東荘(読み)かいとうのしょう

百科事典マイペディアの解説

海東荘【かいとうのしょう】

尾張国海東郡・中島郡にかけての地にあった荘園。現愛知県海部郡甚目寺(じもくじ)町・美和町(いずれも合併してあま市)の北部,稲沢市の南部にかけての地域に比定される。海東上荘・海東中荘・海東下荘からなり,海東三ヵ荘とも称された。上荘内には松葉郷・太山寺郷・新屋郷などがあった。立荘の時期,事情などは不明。本家は京都蓮華王(れんげおう)院で,南北朝期までその支配が確認される。領家職池禅尼から平頼盛に伝えられ,いったん源頼朝に没収された後頼盛に返付され,頼盛から子光盛からその娘,さらには久我(こが)通忠室を経て久我家領となり,以後同家に相伝された。地頭職には1197年に熱田大宮司一族の藤原有範が任じられているが,承久の乱後は下野の小山朝政に与えられ,以後鎌倉時代を通じ小山氏が保持したとみられる。中荘地頭職は1342年から京都真如寺領となり,その後京都等持寺領となった。また1351年足利尊氏から土岐頼重に与えられた海東氏跡は,1358年京都天竜寺に寄進されるなど,南北朝時代以後地頭職は細分化された。領家久我氏の現地支配は応永(1394年―1428年)頃まで続いたようである。鎌倉〜室町時代を通じ諸職や年貢未進,所務などをめぐる領家・地頭らの相論が繰り返された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいとうのしょう【海東荘】

尾張国海東郡,中島郡(現,愛知県海部郡甚目寺(じもくじ)町北部,美和町北部,稲沢市南部)の荘園。京都蓮華王院領。上中下3ヵ荘。12世紀後半には成立していた。絹,糸,綿,米,銭などを年貢として納入。中荘は作田90町前後。領家職は,池禅尼―平頼盛―平光盛―息女―久我通忠室を経て久我家に相伝された。地頭職は,1197年(建久8)熱田大宮司一族藤原有範が補任されたが,承久の乱で没収され,以後鎌倉時代を通じて小山氏が相伝した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android