コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海洋自由論 かいようじゆうろん Mare liberum

翻訳|Mare liberum

1件 の用語解説(海洋自由論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海洋自由論
かいようじゆうろん
Mare liberum

1609年公刊の H.グロチウスの著作。 1604~05年の『捕獲法論』 De jure praedaeの 12章に加筆修正したもの。万民法に従い,なんぴとも海洋の自由そして通商の自由を享受することができると説いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海洋自由論の関連キーワードグロチウスプロチウムボニファチウス薄黒いエログロ公刊土臼立臼ミッキーマウス保護法酸化プロチウム