コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海洋閉鎖論 かいようへいさろんMare clausum sive de dominio maris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海洋閉鎖論
かいようへいさろん
Mare clausum sive de dominio maris

イギリスの学者 J.セルデンが 1635年に刊行した書物。オランダの H.グロチウスの『海洋自由論』に対し,イギリスはイギリス海の領有を主張し,オランダの船舶を排除したが,これを法的に擁護するため著わされた。国際法,自然法,長期の慣行に基づけば,法的に海洋の領有が可能であること,また海水は流動的であっても海洋そのものは領有の対象となりうるのであり,物理的にも海洋の領有が可能であるとした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

海洋閉鎖論の関連キーワードリシュリュー(Armand Jean du Plessis de Richelieu)石垣永将ファフル・ウッディーン2世スペイン演劇徳川家光中国とアフリカの貿易道修町アカデミーフランセーズ嵐三右衛門市村羽左衛門

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android