コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中塚一碧楼 なかつか いっぺきろう

7件 の用語解説(中塚一碧楼の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中塚一碧楼

俳人。岡山県生。名は直三。早大中退。15才の頃より句作を始め、河東碧梧桐に師事する。自由律俳句を試み、碧梧桐を主宰者とする俳誌『海紅』を創刊、のち主宰者となる。昭和21年(1946)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかつか‐いっぺきろう【中塚一碧楼】

[1887~1946]俳人。岡山の生まれ。本名、直三。河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)新傾向俳句の中心作家。「海紅」創刊に加わり、のち主宰。句集「はかぐら」「多摩川」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中塚一碧楼【なかつかいっぺきろう】

俳人。本名直三(なおぞう)。岡山県生れ。早大商科中退。河東碧梧桐に師事,荻原井泉水とともに新傾向俳句の中心作家として活躍,口語自由律の作を発表した。碧梧桐のあとをうけ《海紅》を主宰,句集《はかぐら》《一碧楼一千句》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中塚一碧楼 なかつか-いっぺきろう

1887-1946 明治-昭和時代前期の俳人。
明治20年9月24日生まれ。新傾向自由律俳句をつくり,明治44年「試作」を刊行。大正4年河東碧梧桐(かわひがし-へきごとう)とともに「海紅(かいこう)」を創刊,のち主宰し,荻原井泉水(おぎわら-せいせんすい)と自由律俳壇を二分する。昭和21年12月31日死去。60歳。岡山県出身。早大中退。本名は直三。句集に「はかぐら」など。
【格言など】われを愧(は)ぢてゐ枯草など焚火してゐる

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

なかつかいっぺきろう【中塚一碧楼】

1887~1946) 俳人。岡山県生まれ。本名、直三。河東碧梧桐門の新傾向俳人の中心的存在。「海紅」を主宰、生活実感に基づく清新甘美な詩情を特色とする。句集「はかぐら」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中塚一碧楼
なかつかいっぺきろう

[生]1887.9.24. 岡山,玉島
[没]1946.12.31. 東京
俳人。本名,直三。 1907年早稲田大学商科中退。帰郷し,河東 (かわひがし) 碧梧桐の新傾向俳句運動に共鳴,その中心作家となり『自選俳句』 (1910) ,『試作』 (11) ,『第一作』 (12) を刊行,荻原井泉水とともに口語自由律俳句運動の双璧となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中塚一碧楼
なかつかいっぺきろう
(1887―1946)

俳人。岡山県玉島(現倉敷市)に生まれる。本名直三(なおぞう)。岡山中学在学中キリスト教の洗礼を受けている。1907年(明治40)上京、早稲田(わせだ)大学商科入学、飯田蛇笏(だこつ)らの早稲田吟社に入り『国民新聞』俳句欄に投句し、当時の自然主義文学思潮の影響を受けた。08年より河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)選「日本俳句」(雑誌『日本及日本人』俳句欄)に投句、新傾向作家として頭角を現し、09年には新傾向の中心作家となった。10年末、選者否定の俳誌『自選俳句』を、翌年また早大文科に入学して『試作』を、12年(大正1)には『第一作』(『試作』改題)を創刊して個性的な口語自由律の作を発表した。15年碧梧桐とともに『海紅(かいこう)』を創刊し、碧梧桐が去った22年からは同誌を主宰して『層雲』と並んで自由律俳句の流れを形成した。作風は初め頽唐(たいとう)風、のち清新平明な叙情風に移った。句集に『はかぐら』(1913)、『一碧楼句抄』(1949)など。[伊澤元美]
 千鳥鳴く夜かな凍(い)てし女の手
 飛騨(ひだ)のかた大空秋となり
『『日本詩人全集30』(1969・新潮社) ▽尾崎騾子著『中塚一碧楼研究』(1976・海紅同人句録社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中塚一碧楼の言及

【自由律】より

…第2次世界大戦中は衰退し,戦後また主としてプロレタリア短歌系の歌人らによって自由律がおこなわれているが,その勢力は微弱である。【木俣 修】
[自由律俳句]
 新傾向俳句が俳句の旧習を脱しようとしてあたらしい試みをしながらも,なお定型と季題を捨てきれなかったのを不満として,季題の拘束から離れ,自由な表現を試みたのが中塚一碧楼らで,俳誌《第一作》(1912)によってはじめてこれを試みた。これが自由律俳句運動のおこりで,1914年(大正3)には荻原井泉水が俳誌《層雲》でいっそう大胆な自由表現と季題無用論を唱えて加わり,さらに17年には河東碧梧桐も口語表現のさけがたいことを論じて運動に投じた。…

【新傾向俳句】より

…乙字の啓発と自然主義の影響下に,河東碧梧桐は季題趣味の打破と生活実感の直写による主観尊重の新風を目ざし《日本俳句鈔第一集》を編むとともに,〈真に返れ〉と唱導した。(2)第2期 09年碧梧桐は第2次全国旅行で〈接社会的態度〉による個性発揮を説き,中塚一碧楼(1887‐1946)の〈誰のことを淫らに生くと柿主が〉,中塚響也の〈雨の花野来しが母屋に長居せり〉を接社会的態度の実感句,事実に即した無中心句として称揚した。これは近代的自我の表現を目ざしながらも自然主義の影響で雑報的・散文的方向に進んだものであった。…

※「中塚一碧楼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中塚一碧楼の関連キーワード秋田喜三郎稲毛金七井上はな江南文三大石源治斎藤二朗酒井隆西健村川堅固吉田悳

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone