コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小沢碧童 おざわ へきどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小沢碧童 おざわ-へきどう

1881-1941 明治-昭和時代前期の俳人。
明治14年11月14日生まれ。河東碧梧桐(かわひがし-へきごとう)に師事し,東京上根岸の自宅を骨立舎と命名して俳道場とした。「日本俳句」「海紅」で活躍。書,篆刻(てんこく)にもすぐれていた。芥川竜之介と親交があった。没後「碧童句集」が刊行された。昭和16年11月17日死去。61歳。東京出身。本名は忠兵衛。別号に碧子。
【格言など】木の間さへ瑠璃に照る山茶花(さざんか)の咲きかかり(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の小沢碧童の言及

【大須賀乙字】より

…本名績(いさお)。1904年に東京帝大へ進学,同時期に河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)に入門し,〈雁鳴いて大粒な雨落しけり〉などの句をつくり,喜谷六花(りつか),小沢碧童とともに碧梧桐門の三羽烏と称された。08年2月,評論〈俳句界の新傾向〉を発表,最近の句には従来の直叙的な表現にかわる暗示的な傾向がある,と指摘した。…

※「小沢碧童」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小沢碧童の関連キーワード大須賀乙字山田 喆海紅碧童

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android