コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小沢碧童 おざわ へきどう

1件 の用語解説(小沢碧童の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小沢碧童 おざわ-へきどう

1881-1941 明治-昭和時代前期の俳人。
明治14年11月14日生まれ。河東碧梧桐(かわひがし-へきごとう)に師事し,東京上根岸の自宅を骨立舎と命名して俳道場とした。「日本俳句」「海紅」で活躍。書,篆刻(てんこく)にもすぐれていた。芥川竜之介と親交があった。没後「碧童句集」が刊行された。昭和16年11月17日死去。61歳。東京出身。本名は忠兵衛。別号に碧子。
【格言など】木の間さへ瑠璃に照る山茶花(さざんか)の咲きかかり(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の小沢碧童の言及

【大須賀乙字】より

…本名績(いさお)。1904年に東京帝大へ進学,同時期に河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)に入門し,〈雁鳴いて大粒な雨落しけり〉などの句をつくり,喜谷六花(りつか),小沢碧童とともに碧梧桐門の三羽烏と称された。08年2月,評論〈俳句界の新傾向〉を発表,最近の句には従来の直叙的な表現にかわる暗示的な傾向がある,と指摘した。…

※「小沢碧童」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小沢碧童の関連キーワード井伊直忠近重真澄湯本求真県忍宇治紫文(4代)小野重行桑山鉄男桜井忠胤中村新太郎松山茂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone