コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海鳴 うみなりoceanic noise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海鳴
うみなり
oceanic noise

海から聞えてくる断続的な遠い雷のような音。台風や低気圧のときやその近接時に海岸からやや離れたところでよく聞える。台風,低気圧などから出たうねりや波が海岸に寄せてくずれるとき,巻込まれた空気が圧迫され,すきまから急に噴出するために起るといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐めい【海鳴】

海鳴り」に同じ。
[補説]書名別項。→海鳴

かいめい【海鳴】[書名]

津村節子の長編歴史小説江戸時代佐渡鉱山を舞台に、遊女と貧しい人足の恋と運命を描く。同人誌「文学者」に昭和39年(1964)から昭和40年(1965)にかけて連載。単行本は昭和40年(1965)の刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいめい【海鳴】

うみなり。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海鳴の関連情報