コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海鵜 ウミウ

デジタル大辞泉の解説

うみ‐う【海×鵜】

ウ科の海鳥。全長84センチくらい。全身緑黒色。水に潜って巧みに魚を捕らえる。東アジア特産で、海岸岩壁に集団営巣する。訓練して鵜飼いに使う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うみう【海鵜】

ペリカン目ウ科の海鳥。くちばしは長く、先はかぎ状。四本の指の間に発達した水搔きがある。体は光沢のある黒緑色で、全長90センチメートル 内外。シベリア東部・朝鮮、北海道から九州までの海岸や小島の岩壁に集団で営巣する。若鳥を捕らえて訓練し、鵜飼いに使う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海鵜 (ウミウ)

学名:Phalacrocorax capillatus
動物。ウ科の海鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

海鵜の関連キーワードくちばし光沢小島朝鮮若鳥内外

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海鵜の関連情報