海鵜(読み)ウミウ

大辞林 第三版の解説

うみう【海鵜】

ペリカン目ウ科の海鳥。くちばしは長く、先はかぎ状。四本の指の間に発達した水搔きがある。体は光沢のある黒緑色で、全長90センチメートル 内外。シベリア東部・朝鮮、北海道から九州までの海岸や小島の岩壁に集団で営巣する。若鳥を捕らえて訓練し、鵜飼いに使う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海鵜 (ウミウ)

学名:Phalacrocorax capillatus
動物。ウ科の海鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海鵜の関連情報