コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

涼菟 りょうと

世界大百科事典 第2版の解説

りょうと【涼菟】

1659‐1717(万治2‐享保2)
江戸前期の俳人。本姓は秦,ふだんは岩田氏を称した。名は正致。初号は団友,のち団友斎を別号とする。伊勢の下級神職。初め談林系に属したが,晩年の芭蕉に入門。1694年(元禄7),伊勢に庵を構えた支考と親交を結び,美濃派伊勢派の出発点となった《伊勢新百韻》(1698)の連句に一座,また,支考が俳諧の〈真・草・行〉を示そうと巻いた《三疋猿》(1704)にも同座する。伊勢派の中心人物として各地に行脚し,北越・九州等を勢力圏とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

涼菟
りょうと
(1659―1717)

江戸中期の俳人。本名岩田正致(まさゆき)。通称権七郎。初め団友(だんゆう)、のち団友斎と号し、俳統神風館3世を継いだ。伊勢(いせ)神宮の神官(一説に神楽男(かぐらおとこ)とする)であったが、早くから俳諧(はいかい)に親しみ、晩年の芭蕉(ばしょう)に入門した。伊勢派とよばれる一派を開き、北陸、九州、京都など各地に行脚(あんぎゃ)を重ね、弟子乙由(おつゆう)とともに、その勢力の拡張に精力的に活動した。作風は、支考の美濃(みの)派と同様、軽妙平俗であったが、俳諧の地方への普及に果たした功績は大きい。編著に『皮籠摺(かわごずれ)』『山中集』などがある。[堀切 實]
 こがらしの一日吹いて居りにけり
『各務虎雄著『岩田涼菟』(『俳句講座3』所収・1959・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

涼菟の関連キーワード老いの春岩田涼菟中川乙由浦田蘆本りょう麦林調伊勢風山中集小鷹狩皮籠摺門松乙由

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

涼菟の関連情報