淋漓(読み)りんり

精選版 日本国語大辞典「淋漓」の解説

りん‐り【淋漓】

〘形動タリ〙
① 水・汗・血などがしたたり落ちるさま。
※翰林葫蘆集(1518頃)四・題画「昨夜龍来吸硯池、天辺吐出墨漓」
※狐の裁判(1884)〈井上勤訳〉一〇「鮮血淋漓(リンリ)たる首部(かふべ)を卑臣(それがし)はして」 〔韓愈‐和虞部盧四酬翰林銭七赤藤杖歌詩〕
勢いのあふれているさま。元気いっぱいなさま。
※南海先生文集(1784)三・七家雪并引「蕭蕭鬚髪、倚牀操毫、冥捜沈吟、淋漓揮洒之態、宛乎在目」 〔杜甫‐奉先劉少府新画山水障歌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android