淡輪氏(読み)たんなわうじ

世界大百科事典 第2版の解説

たんなわうじ【淡輪氏】

和泉国淡輪荘(,大阪府泉南郡岬町淡輪付近)の豪族。〈たんのわうじ〉ともいう。鎌倉初期淡輪荘の下司職を源頼朝に認められた橘兼重が年貢を抑留して荘園領主と争い,領家九条良平は1234年(文暦1)兼重が地頭と称することを禁止。さらに橘重基(淡輪氏を称す)も勢力の拡大をはかって荘園領主と衝突し公文職を解任された。1333年(元弘3)淡輪正円は足利尊氏に属し,重氏は36年(延元1∥建武3)の尊氏の東上戦に活躍。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の淡輪氏の言及

【淡輪氏】より

…鎌倉初期淡輪荘の下司職を源頼朝に認められた橘兼重が年貢を抑留して荘園領主と争い,領家九条良平は1234年(文暦1)兼重が地頭と称することを禁止。さらに橘重基(淡輪氏を称す)も勢力の拡大をはかって荘園領主と衝突し公文職を解任された。1333年(元弘3)淡輪正円は足利尊氏に属し,重氏は36年(延元1∥建武3)の尊氏の東上戦に活躍。…

※「淡輪氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android