深田正室(読み)ふかだまさむろ

  • ?―1663

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸時代の学者。名は得知。字(あざな)が正室、円空と号した。尾張(おわり)犬山城主石川光吉(?―1626)の孫。関ヶ原の戦いで光吉が西軍にくみして敗れ、流浪して美濃(みの)国(岐阜県)深田村(現、坂祝(さかほぎ)町)に一時住んだため深田を姓とした。正室は天文、地理、機巧術に長じ、最初の時計師といわれる津田助左衛門(生没年不詳)が、徳川家康の自鳴鐘を修理の際は正室に相談したという。『万国全図』、準天儀、自鳴鐘などを製作したほか、唐織錦(からおりにしき)、縮緬(ちりめん)の織り方をくふうし、京都西陣の織工に伝えたといわれる。『類聚(るいじゅう)日本紀』『神祇(じんぎ)宝典』の撰(せん)にあたった。[菊池俊彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android