唐織(読み)からおり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐織
からおり

色糸に金銀を交えて絵文様を織り出した豪華な織物色糸を浮かして織るので刺繍のような効果がある。中国からの輸入品であったが,室町時代末期頃から堺や西陣でも織られるようになった。また,能装束で唐織と呼ぶ場合は,女役や若い公達 (きんだち) の着る表衣をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

から‐おり【唐織(り)】

中国から渡来した織物の総称。また、それに似せて日本で織った金襴(きんらん)・緞子(どんす)・繻珍(シュチン)など。唐織物。
公家の装束に用いる浮き織物の通称。唐織物
能装束の一。2で仕立てた小袖。多く女装の上衣に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

からおり【唐織】

絹織物の名称,また能装束の一種。〈唐織物〉の語は,室町時代に中国の明から輸入された貴重な織物を指して用いられ,金襴,緞子(どんす)などの美麗な織物が想起される。いわゆる〈唐織〉もそれに含められていたと思われるが,当時〈唐織〉をどのように呼んでいたかは不明である。織物組織的には,名物裂の中の乱絹(らんけん)錦がこれに類似する。〈唐織〉は通常,帯や能装束に用いられるもので,主として生糸を素材に三枚綾地とし,十数色に及ぶ多彩な絵緯(えぬき)によって文様をあらわし,さらに金銀糸が加わる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐織
からおり

唐織は、もと中国から渡来した織物の総称であったが、地紋のうえに絵緯(えぬき)で上文(うわもん)を織り出した有職(ゆうそく)織物。つまり二倍(ふたえ)織物に浮文(うきもん)のある織物をさす一般的な呼称となり、そこから特定の組織をもつ織物をさすようになり、さらにこの組織によって織ったものが能装束に使用されたことから装束名ともなった。織物としては、経(たて)糸に生糸を用い、これに地緯糸(じぬきいと)を経三枚綾(あや)に織り込み、この杼口(ひぐち)に種々の絵緯糸を色数だけの杼(ひ)を用いて文様を表す豪華な、あたかも刺しゅうのような外観を呈したもので、また縫取織(ぬいとりおり)ともいわれる。能装束の唐織は、主として女役が表着(うわぎ)に用いる装束の名称となるが、小袖(こそで)形の詰袖の装束で唐織が使用されることから装束名に転化し、唐織でなくても名称が拡大して使用されることになった。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

から‐おり【唐織】

〘名〙
① 公家の装束に用いる浮織物(うきおりもの)に対する通称。唐織物。唐綾織。
※海人藻芥(1420)「仙院御服は練貫をも時々令調進、綾、唐織等、努々不調進
② 中国渡来の織物。また、それを真似て織った織物。金襴、緞子(どんす)、繻珍(しゅちん)、繻子(しゅす)などの類をいう。唐織物。からの地。
※虎明本狂言・鍋八撥(室町末‐近世初)「後にはきんらんどんすどんきん、からをりにしきなどを、しゃうばいいたさうと存る」
③ 能装束の一種。浮織物で仕立てた打掛の小袖。東北(とうぼく)、夕顔、采女(うねめ)、野宮など、多くは女装束の表衣にし、まれには公達役にも用いる。その紅色のまじっているのを色有(いろあり)唐織といい、若い女役に用い、紅色のないのを色無(いろなし)唐織といって、年寄り用にする。唐織物。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐織の関連情報