コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐織 からおり

4件 の用語解説(唐織の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐織
からおり

色糸に金銀を交えて絵文様を織り出した豪華な織物。色糸を浮かして織るので刺繍のような効果がある。中国からの輸入品であったが,室町時代末期頃から堺や西陣でも織られるようになった。また,能装束で唐織と呼ぶ場合は,女役や若い公達 (きんだち) の着る表衣をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

から‐おり【唐織(り)】

中国から渡来した織物の総称。また、それに似せて日本で織った金襴(きんらん)・緞子(どんす)・繻珍(シュチン)など。唐織物。
公家の装束に用いる浮き織物の通称。唐織物。
能装束の一。2で仕立てた小袖。多く女装の上衣に用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

からおり【唐織】

絹織物の名称,また能装束の一種。〈唐織物〉の語は,室町時代に中国の明から輸入された貴重な織物を指して用いられ,金襴,緞子(どんす)などの美麗な織物が想起される。いわゆる〈唐織〉もそれに含められていたと思われるが,当時〈唐織〉をどのように呼んでいたかは不明である。織物組織的には,名物裂の中の乱絹(らんけん)錦がこれに類似する。〈唐織〉は通常,帯や能装束に用いられるもので,主として生糸を素材に三枚綾地とし,十数色に及ぶ多彩な絵緯(えぬき)によって文様をあらわし,さらに金銀糸が加わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐織
からおり

唐織は、もと中国から渡来した織物の総称であったが、地紋のうえに絵緯(えぬき)で上文(うわもん)を織り出した有職(ゆうそく)織物。つまり二倍(ふたえ)織物に浮文(うきもん)のある織物をさす一般的な呼称となり、そこから特定の組織をもつ織物をさすようになり、さらにこの組織によって織ったものが能装束に使用されたことから装束名ともなった。織物としては、経(たて)糸に生糸を用い、これに地緯糸(じぬきいと)を経三枚綾(あや)に織り込み、この杼口(ひぐち)に種々の絵緯糸を色数だけの杼(ひ)を用いて文様を表す豪華な、あたかも刺しゅうのような外観を呈したもので、また縫取織(ぬいとりおり)ともいわれる。能装束の唐織は、主として女役が表着(うわぎ)に用いる装束の名称となるが、小袖(こそで)形の詰袖の装束で唐織が使用されることから装束名に転化し、唐織でなくても名称が拡大して使用されることになった。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐織の関連キーワード厚板二倍織物生織物呉服精好脱ぎ下げ練絹太物布帛唐織物

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

唐織の関連情報