コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西陣織 にしじんおり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西陣織
にしじんおり

京都市西陣で織られる織物の総称。京都の機業平安時代織部司 (おりべのつかさ) 以来の伝統をひき,紋織物の生産では日本最高の技術をもっていたが,応仁の乱 (1467~77) 後技術者が京都を離れ,16世紀末頃から再び京都西陣付近へ集った。江戸時代には明の技術を学び,幕府の保護を受けるなどして高機 (たかはた) を用いて金襴緞子 (どんす) ,斜子 (ななこ) ,絽などのほか,5彩以上の糸で各種の文様を織り出した唐織錦や綴錦など高級紋織物を生産した。明治以降はジャカード機の採用により製品の種類が飛躍的にふえ,和服地帯地などの絹織物のほか,近年ではウール,化繊物の生産も行われ,用途も広範である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

西陣織【にしじんおり】

京都西陣産の織物の総称。応仁の乱後西陣に機業が栄え,桃山時代には明国の織技をとり入れて発展。繻珍(しゅちん),唐錦,金襴(きんらん),緞子(どんす)などの高級織物を産出した。
→関連項目京都[市]化粧まわし西陣

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしじんおり【西陣織】

室町末期の応仁の乱後,山名氏の西軍陣地(西陣)跡に機業が復活,繁栄して以来,この地で産した織物をいう。京の地では上代以来機織が行われ,広隆寺を創建した秦氏が山背の地,太秦(うずまさ)を本拠として活躍した。やがて平安遷都にあたって,律令制以来の織部司も移されて,この地が日本の機織の中心となる。しかし平安中期には私営の機を設置して錦綾を織る風があらわれ,私織が盛んに行われ,ついに官営の織部司は廃絶し,民業の機織発展が始まる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にしじんおり【西陣織】

京都西陣で織られる綾・錦・金襴・繻子しゆす・緞子どんすなど高級絹織物の総称。応仁の乱後機業者が多く西陣に集まって発展した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西陣織
にしじんおり

京都西陣から産出する織物の総称。特定の織物組織をさすものではない。現在、西陣で新しい織物がつくられたとき、適当な名称がないとなんでも西陣織に組み入れてしまう傾向がある。一般には美術工芸品に属する高級織物で、錦(にしき)・金襴(きんらん)・繻子(しゅす)・緞子(どんす)などをはじめ、絹・毛・木綿(もめん)・合繊などで織り出される織物が含まれており、日本の織物の代表的名称として使われることもある。
 起源は、平安遷都のとき織部司(おりべのつかさ)を設置し、宮廷官人層の需要に応じる高級織物を織り始めたが、やがて律令(りつりょう)制の衰退とともに縮小されることになり、応仁(おうにん)の大乱は織工たちを各地に分散させることになった。しかし大乱が終わったのちは、市外の白雲(はくうん)村に戻り、江戸時代に入るまでには、さらに山名宗全(やまなそうぜん)の西陣跡に居を移して生産集団をつくりあげた。ここでは、中国から堺(さかい)を通して伝わった新しい織物技術をもって、金襴・繻子・ビロード・唐錦(からにしき)などを織り出し、現在の基礎を確立した。そして西陣はつねに幕府の保護育成のもとに生産が行われ、織物技術の水準が維持された。しかし幕末ごろには桐生(きりゅう)・足利(あしかが)など西陣に対抗するような産地が生まれつつあったし、天明(てんめい)の大火や天保(てんぽう)の絹物禁止などは、生産に大きな影響を与えた。また、1868年(慶応4)の東京遷都により徹底的に打撃を受けたようにみえたが、御下賜金などによる殖産興業政策で、西欧からジャカード織機などを輸入して近代化を図り、伝統産業としての息吹を吹き返した。これも1940年(昭和15)7月7日のいわゆる「7.7禁令」とよばれる奢侈(しゃし)禁止令により、金・銀などの高級品の使用を禁止され、機業家に大きな打撃を与えた。しかし、幸いにも戦火から免れたため、伝統の根は第二次世界大戦後になって芽を吹き、復興をみた。
 現在では、機業のオートメ化も進行し、帯地、洋服地、着尺地、ネクタイ、マフラーなどの服飾品や室内装飾品など多彩な分野に新しい息吹が持ち込まれつつある。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

西陣織[染織]
にしじんおり

近畿地方、京都府の地域ブランド。
京都市などで製作されている。京都は、平安時代から宮廷文化を中心に絹織物業が盛んであった。室町時代、応仁の乱が起きた時、西軍大将・山名宗全が西に陣をはったことが、西陣の地名と西陣織の由来。京都が育んできた高級絹織物で、多品種少量生産方式を基盤とした先染の紋織物。織りあがるまでには多数の工程がある。様々な色の糸を使うため絢爛豪華であり、糸使いの紋様は精緻を極める。1976(昭和51)年2月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

世界大百科事典内の西陣織の言及

【織物】より

…特に戦国期の軍需利用によって,その普及,発展は大きく促進され,やがて一般庶民の需要を高め,国民の衣生活に大きな変革をもたらしたのである。
[西陣織の成立]
 応仁の乱は京の街を荒廃させ,その余波は地方にも及んで群雄割拠の戦国時代を迎えた。その結果,織部司以来のながい伝統を保ってきた京都を中心とする織物の生産は中断せざるをえなくなり,地方の養蚕や機業も衰微していった。…

【絹織物】より

…江戸中期ごろまで日本の絹糸の質は中国産に劣っていたが,国費の流出をふせぐ意味から輸入が制限され,国産の絹糸が用いられるようになると,それが各藩における殖産事業と合致して各地で絹糸,白絹を生産するようになった。【小笠原 小枝】
[日本の絹織物業]
 17世紀における絹織物業の中心地は京都西陣(西陣織)であり,中国からの輸入原料生糸の割当て(糸割符(いとわつぷ))などの点で江戸幕府の手厚い保護を受け,堺や博多などの絹織物業を圧倒しつつ発展していった。幕府は一方で百姓・町人による絹物の着用を厳しく制限しながらも,武士階級には参勤交代,妻子在府制などを通じて江戸における高度な消費生活を強制しており,西陣機業は彼らに高級絹織物の安定した需要を見いだすことができたのである。…

【西陣】より

…京都市上京区の地名。西陣織の産地として有名である。地名は応仁・文明の乱において西軍(山名宗全)方の陣所となったことに由来する。…

※「西陣織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西陣織の関連キーワード京都府京都市上京区竪門前町小田長四郎(初代)川島織物セルコン京都西陣殺人事件弥栄(島根県)川島織物[株]西陣爪掻本綴織喜多川 平八辻井 民之助ジャカード機池田 有蔵川島甚兵衛沢田ふじ子井上伊兵衛京都迎賓館喜多川俵二西脇[市]桂の雛人形喜多川平朗金井繁之丞

西陣織の関連情報