コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村習斎 なかむら しゅうさい

1件 の用語解説(中村習斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村習斎 なかむら-しゅうさい

1719-1799 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)4年生まれ。はじめ小出侗斎(どうさい),ついで蟹養斎(かに-ようさい)にまなび,天文,地理,兵法,医術も研究した。安永6年尾張(おわり)名古屋藩につかえた。200冊以上の編著があり,養斎の巾下(はばした)学問所の記録「寛延記草」をまとめたことで知られる。寛政11年4月2日死去。81歳。尾張(愛知県)出身。名は蕃政。通称は猪八。
【格言など】学問は長き旅路とこころ得てみち草うつな急ぎはしすな(門人への戒め)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村習斎の関連キーワードブラウン漂流町奉行チェコの要覧松前藩序曲ヘルダーリンワレンシュタイン紀上太郎常磐津文字太夫(2代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone