コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村習斎 なかむら しゅうさい

1件 の用語解説(中村習斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村習斎 なかむら-しゅうさい

1719-1799 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)4年生まれ。はじめ小出侗斎(どうさい),ついで蟹養斎(かに-ようさい)にまなび,天文,地理,兵法,医術も研究した。安永6年尾張(おわり)名古屋藩につかえた。200冊以上の編著があり,養斎の巾下(はばした)学問所の記録「寛延記草」をまとめたことで知られる。寛政11年4月2日死去。81歳。尾張(愛知県)出身。名は蕃政。通称は猪八。
【格言など】学問は長き旅路とこころ得てみち草うつな急ぎはしすな(門人への戒め)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中村習斎の関連キーワード羅城尭州佐久間文爾佐竹重威三鍼司馬可因樗雲淵章甫十寸見東佐(2代)三木雲門

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone