コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深見篤慶 ふかみ あつよし

美術人名辞典の解説

深見篤慶

幕末の勤王家。酒戸神社祠宮。通称友三郎・藤十。号松塢。外山三輔の長男・深見藤十の養子。尾張生、三河住。家業は刈谷藩用達木綿問屋。村上忠順国学を学ぶ。橘守部熊代繁里にも師事。勤王の志を持ち常に国事に尽した。また諸名家と交遊し、古書珍籍を蒐集、蔵書は四千五百巻に達した。明治14年(1881)歿、52才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深見篤慶 ふかみ-あつよし

1830-1881 幕末の商人。
天保(てんぽう)元年生まれ。三河(愛知県)刈谷藩(かりやはん)用達(ようたし)の木綿問屋藤十の養子。村上忠順(ただまさ)について国学をまなぶ。天誅(てんちゅう)組や新政府軍に多額の資金・兵糧を提供した。明治14年3月25日死去。52歳。本姓は外山。通称は友三郎,藤十。号は松塢。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android