コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深見篤慶 ふかみ あつよし

2件 の用語解説(深見篤慶の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

深見篤慶

幕末の勤王家。酒戸神社祠宮。通称友三郎・藤十。号松塢。外山三輔の長男・深見藤十の養子。尾張生、三河住。家業は刈谷藩御用達木綿問屋村上忠順に国学を学ぶ。橘守部・熊代繁里にも師事。勤王の志を持ち常に国事に尽した。また諸名家と交遊し、古書珍籍を蒐集、蔵書は四千五百巻に達した。明治14年(1881)歿、52才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深見篤慶 ふかみ-あつよし

1830-1881 幕末の商人。
天保(てんぽう)元年生まれ。三河(愛知県)刈谷藩(かりやはん)用達(ようたし)の木綿問屋藤十の養子。村上忠順(ただまさ)について国学をまなぶ。天誅(てんちゅう)組や新政府軍に多額の資金・兵糧を提供した。明治14年3月25日死去。52歳。本姓は外山。通称は友三郎,藤十。号は松塢。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone