コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刈谷藩 かりやはん

3件 の用語解説(刈谷藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刈谷藩
かりやはん

江戸時代,三河国 (愛知県) 碧海郡刈谷 (苅谷) 地方を領有した藩。天正8 (1580) 年以降この地に3万石を領した水野忠重が元和1 (1615) 年大和郡山へ転封して以後,譜代大名水野氏2万石,松平 (深溝) 氏3万石,松平 (久松) 氏2万石,稲垣氏2万 3000石,阿部氏1万 6000石,本多氏5万石,三浦氏2万 3000石を経て,延享4 (1747) 年,日向 (宮崎県) 西尾より土井利信が2万 3000石で入封,以後廃藩置県まで在封した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典の解説

かりやはん【刈谷藩】

江戸時代三河(みかわ)国碧海(へきかい)郡刈谷(現、愛知県刈谷市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は文礼館。戦国時代、当地は水野氏が支配、1600年(慶長(けいちょう)5)に家督を継いだ水野勝成(かつなり)が関ヶ原の戦いの功で所領3万石を安堵(あんど)され、藩が成立した。弟の忠清(ただきよ)が就封したあとの32年(寛永(かんえい)9)からは、以下のように、1万6000石~5万石で譜代が次々と交代した。松平(深溝(ふこうず))忠房(ただふさ)、松平(久松)定政(さだまさ)、稲垣重綱(しげつな)以下3代、阿部正春(まさはる)以下2代、本多忠良(ただよし)、三浦明敬(あきひろ)以下3代。次いで1747年(延享(えんきょう)4)に土井利信(としのぶ)が2万3000石で入って藩主家が定着、以後明治維新まで土井氏9代が続いた。1871年(明治4)の廃藩置県で刈谷県となり、その後、額田(ぬかた)県を経て翌年愛知県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刈谷藩
かりやはん

刈屋藩とも書く。三河国刈谷(愛知県刈谷市)に城地を置く譜代(ふだい)藩。戦国末この地を支配する水野氏があり、忠政(ただまさ)のとき城を築く。以来豊臣(とよとみ)秀吉らに仕えるなかで刈谷から出たり入ったりしたが、1600年(慶長5)忠重が殺害されてのち家督を継いだ水野勝成(かつなり)(鬼日向(おにひゅうが))がここに3万石で封ぜられ刈谷藩の地位は確立した。勝成が大和(やまと)(奈良県)郡山(こおりやま)に移ると弟忠清(ただきよ)が就封、その後吉田(豊橋)に移ると、以後は松平(深溝(ふこうず))3万石、松平(久松)2万石、稲垣2万3000石~2万石、阿部1万6000石、本多5万石、三浦2万3000石、土井2万3000石等々の各氏が就封、土井氏のときこの藩の藩主家は定着した。この間、刈谷藩では1651年(慶安4)松平定政の剃髪(ていはつ)事件(幕府に意見書を提出、旗本のため所領返上を申し出る。慶安の変の先導的役割)により所領を没収され、また三浦氏は財政窮乏の打開策として、先納金に加え領内総検見(けみ)を実施して年貢増徴を企図したため元文一揆(げんぶんいっき)(1739)を誘発。土井氏もまたこの先納金制度の踏襲に加えて高掛金(たかがかりきん)を課そうとして寛政(かんせい)一揆(1790)を誘発している。このため土井利制(としのり)は領政不行届をとがめられ、それまで三河国碧海(へきかい)郡に集中していた領地の1万3000石余を奥州福島藩の1万石余と領地替えをさせられ、城付領とそれに匹敵する飛地(とびち)によって藩領が構成されることとなり、藩の基盤は弱いものとなった(その後若干修正はあったが、もとの領地形態に戻るものではなかった)。また土井氏の代々は短命であったり、さもなくば養子を迎えるなど不安定要素が多かった。こうした事情は幕末期にまで持ち込まれ、幕末、刈谷藩は保守と急進、佐幕と勤王など藩の中枢が分裂、家老が次々に勤王派藩士に殺害されるという事態が現出していた。1871年(明治4)廃藩、刈谷県、額田(ぬかた)県を経て愛知県となった。[若林淳之]
『『刈谷市誌』(1970・刈谷市) ▽藤野保著『幕藩体制史の研究』(1961・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刈谷藩の関連キーワード酒井碧海三河衆三河屋三河新報天野賢景木藤八三郎柴野貞穀柴野碧海戸田宗光

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

刈谷藩の関連情報