コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関口流 セキグチリュウ

大辞林 第三版の解説

せきぐちりゅう【関口流】

柔・居合術の一派。祖は関口弥六右衛門氏心うじむね1598~1670)。新心流。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関口流
せきぐちりゅう

近世柔術の一流派、流祖は関口弥六右衛門氏心(やろくえもんうじむね)(1598―1670)。紀州(和歌山)藩徳川家の御流儀として知られ、一名を新心(しんしん)流といい、「居合・太刀(たち)・柔(やわら)の三つにもとづきて、捕手の伝・心得の条々・軍中の伝(戦場利方(りかた))に至るまで数々相伝する」兵法で、のち居合の部分を独立させた支流がある(柔新心流など)。氏心が、紀州藩主徳川頼宣(よりのぶ)に招かれたのは1639年(寛永16)当時すでに41歳、受身の名人といわれ、高名な柔術家であったが、ゆえあって表向きの活躍を遠慮し、御伽衆(おとぎしゅう)として頼宣に仕えたと伝える。
 3人の男子のうち二男万右衛門氏英(うじひで)(1643―1706)が、兄氏業(うじなり)にかわって指南役につき、その技術精妙をもって、人々から「柔聖」と仰がれたという。同流の教授体系は、この氏英の時代に整備されたとみられ、以後、万右衛門家(分家)が家職を継承したが、2代氏一(うじかず)(1672―1737)は1706年(宝永3)家督を継ぎ、藩主吉宗(よしむね)から250石を賜り、16年(享保1)吉宗が8代将軍となってからは、しばしば幕府に聘(へい)せられて、近習の者たちに柔術を教授し、このため関口流の名はいっそう天下に知られるに至った。紀州藩の稽古(けいこ)場では門人の場格を10階級に分け、通常、初学(しょがく)・表(おもて)のクラスではまずに、無手(むて)で相対するときの手続(てつづき)20本の勢法(せいほう)を教えて、体捌(たいさば)きの自由を覚えさせ、以下、堅め、車捕(しゃどり)、立合、組合、大小取、ほぐれ、自己(じこ)の誤(あやまり)、小具足(こぐそく)に至るまで100以上の形を、仕手・受方両人ずつ幾組も打ち並べ、200~300本ずつも稽古させたという。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

関口流の関連キーワード渋川伴五郎(初代)渋川伴五郎関口氏心関口柔心窪田清音関口氏暁石山孫六網野了宅武士訓居合術磯貝一渋川流柔道当流

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関口流の関連情報