コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋沢元治 しぶさわもとじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渋沢元治
しぶさわもとじ

[生]1876.10.25. 埼玉
[没]1975.2.22. 埼玉
電気工学者。東京大学電気工学科卒業 (1900) 。東京大学教授,同大学名誉教授。名古屋大学初代学長 (39) 。電気事業法の確立,電気学会の発展に貢献。日本学士院会員。 1955年文化功労者に選ばれた。主著『送電工学総論』『電界百話』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋沢元治 しぶさわ-もとじ

1876-1975 明治-昭和時代の電気工学者。
明治9年10月25日生まれ。渋沢栄一の甥。欧米に留学後,逓信省にはいり,電気事業・電気技術の監督行政にあたる。大正8年から東京帝大教授を兼任。水力発電開発につくし,電気学会会長,日本人初のアメリカ電気学会名誉会員となる。昭和14年名古屋帝大初代総長。30年文化功労者。昭和50年2月22日死去。98歳。埼玉県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しぶさわもとじ【渋沢元治】

1876‐1975(明治9‐昭和50)
電気事業(発送電)を推進した電気行政官,電気工学者。名古屋帝国大学創設にあたり初代総長となった。埼玉県に生まれ,渋沢栄一の甥にあたる。1900年東京帝国大学電気工学科を卒業した。02年から06年まで外遊し,ドイツのジーメンス社,スイスのチューリヒ工科大学,アメリカのGE社の実習生,聴講生となった。帰国後は逓信省電気試験所に勤務し,19年から逓信省電気局技術課長となり,電気事業,電気技術の監督行政に従事した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

渋沢元治の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渋沢元治の関連情報