コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減損処理 ゲンソンショリ

デジタル大辞泉の解説

げんそん‐しょり【減損処理】

主に固定資産に関する会計処理の一つ。資産市場価格低下や、資産から生み出される収益の低下があり、資産に対して行った投資の回収が見込めなくなった場合に、その分を損失として計上し、その資産の帳簿価額を切り下げること。日本の上場企業は、平成17年(2005)4月以降に開始する会計年度で、減損処理の実施が義務付けられた。減損会計

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

減損処理

企業が所有するビルや施設などの資産の市場価格が、取得時の簿価を大幅に下回り、回復が見込めない時に、実態に合わせて価格を下げること。簿価と下げた価格の差額は損失としてその年の決算に計上する。企業の透明性確保が狙い。日本では2006年3月期決算から適用が義務付けられた。

(2010-03-30 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

げんそんしょり【減損処理】

企業が保有する株式等の時価または実質価額が、簿価に対して大幅に下落した場合などに損失を計上すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

減損処理の関連キーワードウェスチングハウス(WH)含み損含み益時価株式

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

減損処理の関連情報