コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺直己 わたなべ なおき

2件 の用語解説(渡辺直己の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺直己 わたなべ-なおき

1908-1939 昭和時代前期の歌人。
明治41年6月4日生まれ。広島県呉市立高女教諭。昭和10年「アララギ」にはいり,土屋文明に師事。12年応召して中国大陸各地を転戦。「照準つけしままの姿勢に息絶えし少年もありき敵陣の中に」など,写実的な戦争詠で注目されたが,昭和14年8月21日河北省天津で戦死。32歳。15年遺歌集「渡辺直己歌集」が刊行された。広島高師卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡辺直己
わたなべなおき
(1908―1939)

歌人。広島県呉(くれ)市生まれ。広島高等師範学校卒業。呉市立高等女学校教諭となる。1935年(昭和10)『アララギ』に入会、土屋文明(ぶんめい)に師事。37年日中戦争に陸軍少尉として応召、39年天津(てんしん)で戦死した。その従軍作品は、戦う知識人の思想的苦悩を鋭敏な感覚と具象的な把握によって表現したものとして注目され、のちのちまで深く広い影響を与えた。遺歌集『渡辺直己歌集』(1940)がある。[岡井 隆]
 涙拭ひて逆襲し来る敵兵は髪長き広西学生軍なりき
『『渡辺直己歌集』(『現代短歌全集8』所収・1980・筑摩書房) ▽米田利昭著『戦争と歌人』(紀伊國屋新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渡辺直己の関連キーワード明石海人加納暁河野鉄南古賀愛子佐藤松平島田尺草田辺夏子外山家人仁木独人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone