コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯ノ峰温泉 ゆノみねおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯ノ峰温泉
ゆノみねおんせん

和歌山県中南部,田辺市東部にある温泉。熊野川の支流湯峰川の渓谷に湧出。硫黄泉で,泉温は 81~93℃。古くから大宮大社参詣の湯垢離 (ゆごり) の場で,浄瑠璃歌舞伎で知られる小栗判官にまつわる伝説がある。リウマチ皮膚病,胃腸病に特効があるとされる療養型の温泉地で,国民保養温泉地に指定。熊野本宮大社 (→熊野三山 ) ,瀞峡に近く,吉野熊野国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆのみねおんせん【湯ノ峰温泉】

和歌山県田辺市本宮町湯峰にある温泉。含重曹硫化水素泉。本宮参拝者の湯垢離ゆごり場として知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

湯ノ峰温泉の関連キーワード本宮[町]渡瀬温泉

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android