湯梨浜町(読み)ゆりはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯梨浜〔町〕
ゆりはま

鳥取県中部,天神川下流東岸,日本海に面する町。 2004年 10月羽合町,東郷町,村が合体して成立。橋津付近には多くの古墳,長瀬に広大な砂丘遺跡があり,橋津古墳群 (別称馬ノ山古墳群) は史跡。江戸時代には米の積出港として栄え,藩倉も置かれた。米のほか二十世紀梨などの果樹を産し,繊維,食品などの中小工場も立地。泊漁港は沿岸漁業基地で小型底引き,刺網一本釣りなどが行なわれ,タイ,イカ,ハマチなどが水揚げされる。東郷池周辺の丘陵地には北山古墳 (史跡) などの古墳群,伯耆一宮の倭文神社があり,境内の経塚 (史跡) から出土した銅経筒,銅鏡などの国宝を所蔵。南部には羽衣石城跡がある。また東郷温泉,羽合温泉,名勝尾崎氏庭園などがある。町域の一部は三朝 (みささ) 東郷湖県立自然公園に属する。 JR山陰本線,国道9号線,同 179号線が通る。面積 77.94km2。人口 1万6550(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯梨浜町の関連情報