北山古墳(読み)きたやまこふん

国指定史跡ガイドの解説

きたやまこふん【北山古墳】


鳥取県東伯郡湯梨浜町野花北山にある古墳。鳥取県の中央部にある東郷湖の周辺は、山陰地方で最も大規模な古墳が多く営まれ、古墳文化の開花をみた地域の一つである。東郷湖の南岸に延びる北山丘陵の先端近くに位置し、全長110m、後円部径70m、高さ12mで、山陰地方最大規模の前方後円墳。発掘調査で、後円部には竪穴(たてあな)式石槨(せっかく)があったと推定され、その近くに箱式石棺が確認された。石棺からは、人骨のほか龍虎鏡、刀、玉類などの副葬品が多数出土した。また、墳丘からは古墳時代中期前葉の各種埴輪(はにわ)片が多数出土し、巨大化した墳丘やその形態、出土品などから古墳時代中期初めごろの築造と推定されている。古墳時代前期に橋津(馬ノ山)古墳群に始まった東伯耆(ひがしほうき)の大型古墳の系列は、北山古墳で途絶える。北山古墳は、東伯耆の有力な首長の系譜を引き継ぐものであり、この地域の政治的文化的推移を示す重要なものとして、1980年(昭和55)に国の史跡に指定された。JR山陰本線松崎駅から車で約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android