泊村(読み)とまり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「泊村」の解説

泊〔村〕
とまり

北海道西部,日本海に面する村。積丹半島の基部西側に位置する。地名アイヌ語のヘモイトマリ (サケに入る) に由来。スケトウダラ,イカなどの沿岸漁業が主産業。 1989年に北海道初の原子力発電所である泊発電所が営業運転を開始,北海道の電力の約3割を供給する。茂岩地区に盃温泉があり,ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属する。海岸部を国道 229号線が通る。面積 82.28km2(境界未定)。人口 1771(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android