コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源有綱 みなもとの ありつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源有綱 みなもとの-ありつな

?-1186 平安後期-鎌倉時代の武将。
源仲綱の子。源義経娘婿源頼朝と対立して西国へむかう義経にしたがう。大物(だいもつ)浜から船出したが難破別行動をとり,大和(奈良県)で文治(ぶんじ)2年6月16日北条時定に追われて自殺。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源有綱

没年:文治2.6.16(1186.7.4)
生年:生年不詳
平安末・鎌倉初期の武士。仲綱の嫡男,頼政の孫。従五位下,右衛門尉。通称,伊豆冠者。治承4(1180)年の頼政・仲綱の挙兵・敗死後も源頼朝に属して平氏討滅の戦いに参加。源義経の女婿となり,文治1(1185)年,義経の都落ちに同道するが,大物浜で難破。翌年,北条時定の追撃を受け大和の山中で自殺した。

(田中文英)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

源有綱の関連キーワード鎌倉時代平康盛源仲綱没年武将

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android