コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源田実 げんだみのる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源田実
げんだみのる

[生]1904.8.16. 広島
[没]1989.8.15. 愛媛
海軍軍人,政治家。 1924年海軍兵学校,37年海軍大学校卒業。 41年第1航空艦隊参謀として真珠湾攻撃立案,攻撃に参加したほか,ミッドウェー海戦に参加した。 44年大佐。第2次世界大戦後,航空自衛隊に入って,航空幕僚長 (1959~62) をつとめたのち,参議院議員 (62~86) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源田実 げんだ-みのる

1904-1989 昭和時代の軍人,政治家。
明治37年8月16日生まれ。昭和16年第一航空艦隊参謀として真珠湾攻撃の作戦計画を立案,指導。20年第三四三航空隊司令として紫電改部隊をひきいてたたかい,源田サーカスとよばれた。海軍大佐。戦後は航空自衛隊にはいり,34年航空幕僚長。37年参議院議員(当選4回,自民党)。平成元年8月15日死去。84歳。広島県出身。海軍大学校卒。著作に「海軍航空隊始末記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源田実の関連キーワード昭和時代政治家軍人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源田実の関連情報