コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源盛 げんせい

3件 の用語解説(源盛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源盛 げんせい

1303-1359* 鎌倉-南北朝時代の僧。
嘉元(かげん)元年生まれ。名和長年の弟。天台宗の僧となって信濃房(しなのぼう)と称し,伯耆(ほうき)(鳥取県)大山寺で修行。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)隠岐(おき)を脱出した後醍醐(ごだいご)天皇を一山の衆徒をひきいてむかえ,京都六波羅(ろくはら)攻めにくわわる。のち懐良(かねよし)親王にしたがい,肥後(熊本県)にうつった。延文3=正平(しょうへい)13年12月13日死去。56歳。俗名は名和行氏。「げんじょう」ともよむ。

源盛 げんじょう

げんせい

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源盛

没年:延文3/正平13.12.13(1359.1.12)
生年:嘉元1(1303)
南北朝期の天台宗の僧。「げんじょう」ともいう。名和長年の弟。正慶2/元弘3(1333)年,後醍醐天皇が隠岐の配所を脱出すると,伯耆国(鳥取県)大山寺の衆徒を率いて馳せ参じ,京都へ上り,六波羅を攻めた。建武政権崩壊後は懐良親王に従い,肥後国(熊本県)八代で寂す。

(三橋正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源盛の関連キーワード世尊寺伊俊大覚寺統北朝吉野朝時代覚雄末兼松浦定源顕実母無涯仁浩良阿

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

源盛の関連情報