コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源盛 げんせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源盛 げんせい

1303-1359* 鎌倉-南北朝時代の僧。
嘉元(かげん)元年生まれ。名和長年の弟。天台宗の僧となって信濃房(しなのぼう)と称し,伯耆(ほうき)(鳥取県)大山寺で修行。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)隠岐(おき)を脱出した後醍醐(ごだいご)天皇を一山の衆徒をひきいてむかえ,京都六波羅(ろくはら)攻めにくわわる。のち懐良(かねよし)親王にしたがい,肥後(熊本県)にうつった。延文3=正平(しょうへい)13年12月13日死去。56歳。俗名は名和行氏。「げんじょう」ともよむ。

源盛 げんじょう

げんせい

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源盛

没年:延文3/正平13.12.13(1359.1.12)
生年嘉元1(1303)
南北朝期の天台宗の僧。「げんじょう」ともいう。名和長年の弟。正慶2/元弘3(1333)年,後醍醐天皇が隠岐の配所を脱出すると,伯耆国(鳥取県)大山寺の衆徒を率いて馳せ参じ,京都へ上り,六波羅を攻めた。建武政権崩壊後は懐良親王に従い,肥後国(熊本県)八代で寂す。

(三橋正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

源盛の関連キーワード大山寺(だいせんじ、鳥取県)官子内親王信濃房源盛南北朝時代藤原基輔没年