コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝平二郎 タキダイラジロウ

3件 の用語解説(滝平二郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たきだいら‐じろう〔たきだひらジラウ〕【滝平二郎】

[1921~2009]切り絵作家。茨城の生まれ。第二次大戦後に木版画家として独立。のちに切り絵に転じ、昭和45年(1970)、「花さき山」で第1回講談社出版文化賞(ブックデザイン部門)を受賞。他に「八郎」「モチモチの木」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝平二郎 たきだいら-じろう

1921-2009 昭和後期-平成時代の切り絵画家。
大正10年4月1日生まれ。戦後,木版画から切り絵に転じ,昭和44年から9年間「朝日新聞」日曜版に農村をテーマとした切り絵を連載。45年斎藤隆介の文による絵本「花さき山」で第1回講談社出版文化賞。斎藤とのコンビで「ベロ出しチョンマ」「八郎」など,おおくの作品を生み出した。平成21年5月16日死去。88歳。茨城県出身。石岡農学校(現石岡一高)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滝平二郎
たきだいらじろう
(1921― )

版画家、切絵画家、児童出版美術家。茨城県新治(にいはり)郡(現、小美玉市)の農家に生まれ、石岡農学校を卒業。18歳ころより版画に取り組み、第二次世界大戦後は人民美術を目ざして版画絵本『花岡ものがたり』(1951)を製作。1969年(昭和44)より9年間『朝日新聞』日曜版にさまざまな主題の「きりえ」を連載、読者より絶大な支持を得て一躍切絵の第一人者となった。絵本作品では斎藤隆介(りゅうすけ)の短編に絵をつけた『八郎』(1967)、『三コ』(1969)、『花さき山』(1969)などが著名。[上笙一郎]
『『滝平二郎きりえ画集』全7巻(1972~74・講談社) ▽『滝平二郎作品集』全15巻(1983~85・岩崎書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

滝平二郎の関連キーワード千葉治平青木和夫岩崎敏夫江幡修三相良亨辻隆長岡毅中義勝伴義雄樋渡宏一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

滝平二郎の関連情報