コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤隆介 さいとう りゅうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤隆介 さいとう-りゅうすけ

1917-1985 昭和時代後期の児童文学作家。
大正6年1月25日生まれ。新聞・雑誌記者などをへて創作にとりくむ。昭和43年童話集「ベロ出しチョンマ」で小学館文学賞,53年長編「天の赤馬(あかうま)」で児童文学者協会賞。絵本に滝平(たきだいら)二郎の切り絵による「八郎」「花さき山」などがある。昭和60年10月30日死去。68歳。東京出身。明大卒。本名は隆勝(たかかつ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎藤隆介
さいとうりゅうすけ
(1917―1985)

児童文学作家。東京に生まれ、明治大学文芸科を卒業。新聞記者、劇団文芸部などを経て、短編集『ベロ出しチョンマ』(1967)、絵本『八郎』(1967)などで注目を浴び、以後『ゆき』(1969)、『ちょうちん屋のままっ子』(1970)、『天の赤馬』(1977)など多くの長・短編を発表する。写実的なものも幻想的要素を含むものも、ともに豊かなイメージを連ねながら、描写力に富む簡潔な文体と堅固な構成によって、民衆の生活、願望、エネルギーなどを明快に伝えて、幅広い読者をつかんでいる。[神宮輝夫]
『『斎藤隆介全集』全12巻(1982・岩崎書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

斎藤隆介の関連キーワードソメコとオニモチモチの木斎藤 隆介神宮輝夫滝平二郎ひさの星

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斎藤隆介の関連情報