コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤隆介 さいとう りゅうすけ

2件 の用語解説(斎藤隆介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤隆介 さいとう-りゅうすけ

1917-1985 昭和時代後期の児童文学作家。
大正6年1月25日生まれ。新聞・雑誌記者などをへて創作にとりくむ。昭和43年童話集「ベロ出しチョンマ」で小学館文学賞,53年長編「天の赤馬(あかうま)」で児童文学者協会賞。絵本に滝平(たきだいら)二郎の切り絵による「八郎」「花さき山」などがある。昭和60年10月30日死去。68歳。東京出身。明大卒。本名は隆勝(たかかつ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎藤隆介
さいとうりゅうすけ
(1917―1985)

児童文学作家。東京に生まれ、明治大学文芸科を卒業。新聞記者、劇団文芸部などを経て、短編集『ベロ出しチョンマ』(1967)、絵本『八郎』(1967)などで注目を浴び、以後『ゆき』(1969)、『ちょうちん屋のままっ子』(1970)、『天の赤馬』(1977)など多くの長・短編を発表する。写実的なものも幻想的要素を含むものも、ともに豊かなイメージを連ねながら、描写力に富む簡潔な文体と堅固な構成によって、民衆の生活、願望、エネルギーなどを明快に伝えて、幅広い読者をつかんでいる。[神宮輝夫]
『『斎藤隆介全集』全12巻(1982・岩崎書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎藤隆介の関連キーワード大石真安藤美紀夫稲垣昌子岡本良雄加藤多一菅忠道神宮輝夫森はな横谷輝吉田とし

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斎藤隆介の関連情報