コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁業及び公海の生物資源の保存に関する条約 ぎょぎょうおよびこうかいのせいぶつしげんのほぞんにかんするじょうやくConvention on Fishing and Conservation of the Living Resource of the High Seas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漁業及び公海の生物資源の保存に関する条約
ぎょぎょうおよびこうかいのせいぶつしげんのほぞんにかんするじょうやく
Convention on Fishing and Conservation of the Living Resource of the High Seas

1958年4月 29日に第1次海洋法会議で署名され,66年3月 20日に効力を生じた条約。公海における漁業の自由に対して,資源の枯渇を防ぐために保存の義務が伴うことを明らかにした。生物資源の保存とは,最適な持続的生産を可能にすることを意味する。漁業国は単独もしくは共同で保存義務を負うことを規定し,また沿岸国には漁業国の平等待遇を条件として,領海に隣接する公海における保存措置を取ることを認めた。条約に関する紛争は,拘束力をもつ決定を行う特別委員会に付託されることが予定された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

漁業及び公海の生物資源の保存に関する条約の関連キーワード公海生物資源保存条約公海漁業

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android