コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁火 ギョカ

デジタル大辞泉の解説

ぎょ‐か〔‐クワ〕【漁火】

夜間、魚を集めるために船でたくかがり火。いさりび。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょか【漁火】

夜、漁船が魚をおびき寄せるために焚くかがり火。いさりび。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の漁火の言及

【篝火】より

…儀式の庭上,陣中にも用いられた。【江馬 務】
[漁火]
 漁火としての篝火は〈いさりび〉ともいう。このほか漁師の間では〈夜焚き(よたき)〉〈火振り〉〈焚入れ〉などという言葉が,篝火をたく漁の意として用いられてきた。…

【篝火】より

…儀式の庭上,陣中にも用いられた。【江馬 務】
[漁火]
 漁火としての篝火は〈いさりび〉ともいう。このほか漁師の間では〈夜焚き(よたき)〉〈火振り〉〈焚入れ〉などという言葉が,篝火をたく漁の意として用いられてきた。…

※「漁火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漁火の関連キーワード不知火(漁火の異常屈折現象)若狭たかはま漁火想花火徳島県海部郡海陽町奥浦御・漁・禦・馭・魚「楓橋夜泊」張継不知火(旧町名)湯ノ川[温泉]由起 しげ子榎本 冬一郎宇城(市)横山 蜃楼上森ひろみ日奈久温泉島田 和夫発光現象片瀬温泉ワイラーちらちら中村清二泥鰌打ち

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漁火の関連情報